東栄通信企画株式会社です
通信費が安くなる!IPビジネスホンの案内はこちら
IP電話回線の仕組み
ひかり電話とは?
ひかり電話
IPビジネスホン
ビジネスホン
小規模/ホーム
NTT回線手配代理
LAN配線工事
ネットカメラ
ハードディスクレコーダ
緊急通報装置
TVアンテナ
ナースコール
トップページへ戻る
NTT販売代理店ロゴ
NTT-ME販売代理店ロゴ



■ 電話回線に関する各種お申し込み、お問い合わせの代行

  ・事務仕様での多回線の申し込み、代表組み
 ・複雑な使い方に応じた番号の振り分け、手続き
 ・移転、休止、休止復活等
 ・ISDN、ADSLなどのネット用回線の変更手続き
 ・番号に希望、指定がある場合(覚えやすい番号、ゾロ目希望等)も、
  できるだけご要望にお応えします

 

■ ブロードバンド

 ・フレッツ・ADSLは1.5M、4M、8M、24M、40M、47Mがあります。
  それぞれに、加入電話共用型(電話番号つき)と、専用回線型があります。

 ・Bフレッツなら、更に高速で快適なインターネットが使用できます。
  ひかり電話、IP電話、インターネット、各種オンラインサービスをご利用なら、
  Bフレッツがお勧めです。(山間部など、一部地域を除く)

通信速度比較(イメージ)
kbps(kbit par second)=1秒間に受信するデータ量 
MBps(MEGA Byte par second)=上記を、メガ単位であらわした数値
 

■ 取り扱い回線(NTT商品)

  ・アナログ加入権つき電話番号
 ・アナログ加入権無し電話番号(アナログライト回線)
(※1)
  初期費用が無い代わりに、月々500円程度の追加料金がかかります。

  ・ISDN加入権つき電話番号
 ・ISDN加入権無し電話番号(INSネット64・ライト回線)
(※1)
  初期費用が無い代わりに、月々500円程度の追加料金がかかります。

 ・フレッツISDN(専用型、電話共用型)
  月々定額で常時接続。電話回線も2本分使えます。(ネット使用中は1本分です)
 ・フレッツADSL(専用型、電話共用型)
   月々定額で常時接続のブロードバンド回線。電話回線も1本使えます。
 ・Bフレッツ(光回線)
  月々定額で常時接続の、ADSLよりも高速な光回線。通信専用です。
  ハイパーファミリータイプ、ビジネスタイプ、ベーシックタイプ、マンションタイプなど、様々な種類があります

 ・ひかり電話(家庭用)(Bフレッツと同時申し込み/導入後)
  Bフレッツ(ハイパーファミリータイプの場合)1回線で、1つの電話番号が使えます。
  現在加入電話をお使いであれば、その番号をそのままひかり電話に移行することもできます。
  追加オプションで、2つの電話番号と2つの通話路が使えるようになります。
  例)電話とFAXでの2回線使用など。
  もちろん、高速インターネットも同時に使用できます。


 ・ひかり電話(オフィスタイプ)(Bフレッツと同時申し込み/導入後)
  Bフレッツ(ハイパーファミリータイプの場合)1回線で、1つの電話番号と、3つの通話路が使えます。
  現在加入電話をお使いであれば、その番号をそのままひかり電話に移行することもできます。
  追加オプションで、最大32の電話番号と8つ通話路が使えます。
  もちろん、高速インターネットも同時に使用できます。
    

■その他オプションサービス(NTTサービス)

 ・マイライン
  他県、長距離への通話料が割引になるNTTのサービスです。
 ・ナンバーディスプレイ、ネームディスプレイ
  着信時に、電話番号や名前を表示して、誰からの着信かをわかりやすくするサービスです。
 ・iナンバー
  ISDNの契約回線に、別の番号を用意して2本の回線を別々に利用できるサービスです。
 ・迷惑電話おことわりサービス
  直前にかかってきた電話番号を、指定の電話番号への着信を拒否するサービスです。
 ・ボイスワープ
  自宅やオフィスなどへの着信を、外出先の携帯電話や、固定電話へ転送するサービスです。

 ※ その他各種NTTサービスの代行を承ります。

 ※  お申し込みに際しましては、「電話回線の設置場所住所」「電話回線の使用者の名義」「支払い者の名義」
    などの情報をご確認ください。特約店からの申し込みでも、ご本人様に確認の連絡が必要になる場合が
    あります。

 ※1 新規加入・ライト回線の申し込みには…
    個人のお客様の場合、免許証などの身分証明書
    法人のお客様の場合、会社登記書
    などの書類が必要になりました。お申し込みの際にはご用意ください。
  ビジネスホン、ホームテレホンでは、電話回線の追加に際して、NTTによる工事の後に、設置業者による工事が
  必要になる場合があります。


☆ 用語解説 通信速度の表記について

 ■「100M」という数字の意味

   一般的に、NTTのBフレッツや、他社のブロードバンド専用線では、「100M(メガ)」の表記をよく見かけます。
   ADSLでも、「8M」〜「47M」などの数字が並んでいます。しかし、単純に「100M」と聞いただけでは、
   「凄そう」だけど「どれだけ速いのかよくわからない」というのが本当のところだと思います。
   
   転送速度で言う「100M」の「M」には、Mbpsという書き方がされてるのを見たことがありませんか?
   実は、これは「egait(メガビット)parsecond(秒間)」の略なのです。


 ■微妙な表記の差なんです  

   1bitとは、コンピューターがデータを扱う最小の単位で、データ容量の表記ではあまり使われません。
   一方、パソコンの容量の表記で見かける一般的なものは『GB(ギガバイト)』、『MB(メガバイト)』や
   『KB(キロバイト)』です。

   パソコンの世界では、8bit=1Byte、1000Byte=1Kbyte、100KByte=1MByteという決まりがあります。
   (正確には1024Byte=1KByte、1024KByte=1MByteとなりますが、ここでは解りやすい方で説明します)
   算数で言うとことろの10進数のようなものだと思ってください。1GBは、1000MB(1024MB)です。

   1MBで、昔のフロッピーディスク1枚分と考えると解りやすいでしょうか。
   前置きが長くなってしまいましたが…


 ■と、いうことは?

   つまり、通信速度でいう「100Mbps」とは、1秒間に100Mbitの情報が転送できるよ、という事で、
   これをバイト表記に直すと、”約12.5MB(メガバイト)ps”ということになります。
   通信環境が良く、最大速度が出たとして、12.5MBpsのデータになります。
   市販のCD-ROMの容量が640MBですので、約1分でCD-ROM1枚分のデータがやり取りできる
   というように書くと、その転送量の速さ、大きさがよくわかるのではないでしょうか。


東栄通信企画株式会社
〒124-0022       .
東京都葛飾区奥戸7-2-1
TEL:(03)3692-0011
FAX:(03)3692-5500

お問い合わせ 迷惑メール対策のため、アドレスを画像にして表示しています。